三五夜

Menu

雅楽器
演教室奏

三五夜のプレミアム・スクール
初歩から学ぶ雅楽器演教室奏
「おけいこががく」

三五夜のプレミアム茶道教室・華道教室に引き続き第三段!
月1回のペースで、雅楽演奏教室を開始します。

隠れ家サロン『三五夜』では、昨年天理大学雅楽部OBで構成される「うたまいのつかさ」様の協力によって、イベント「新天皇の即位および大嘗祭慶祝の特別煎茶会」において三管(鳳笙・篳篥・竜笛)による演奏会を開催いたしました。

そのご縁により今回、「うたまいのつかさ」所属の山口創一郎様を講師に迎え、月1回(基本第二水曜日13時~15時半)のペースで、三管の基本的演奏方法を学べる教室を開講することになりました。

「雅楽ってどこで学べばいいの?」「伝統文化だから敷居が高そう」などと思われるかもしれませんが、楽器を演奏する事には変わりはありません。レッスン時の楽器はお貸しします(持ち物不要です)。

JR奈良駅から徒歩2分の八畳間本座敷のある古民家で、日本の伝統文化とくに奈良に関係の深い雅楽を学べる滅多とない機会です。初心者コースの定員は5名様限定です。定員となり次第キャンセル待ちにて受付けいたします。

注意:当月参加者を優先に次月のご予約をとってただきます。募集は定員に達し次第終了させてただく場合がございます。

講師プロフィール

山口 創一郎やまぐち そういちろう

天理大学雅楽部OB、雅楽演奏団体「うたまいのつかさ」所属奏者。篳篥を元宮内庁楽部式部職楽部楽師 池邉五郎氏、竜笛を同じく現宮内庁式部職楽部楽師 上研司氏に師事。「うたまいのつかさ」の演奏以外にも、国内各地の寺社での雅楽演奏、コンサートホールでの雅楽演奏会でも活動中。三管を演奏出来る数少ない奏者として年間150回以上の演奏活動を行ってる期待の若手雅楽奏者です。

申し込みはこちらから