春日若宮おん祭り

今月号の月刊大和路『ならら』は「春日若宮おん祭り」です。奈良の冬の始まりを告げる重要な神事として、また「遷幸の儀」や「還幸の儀」の厳粛な儀式や松の下で行われる諸芸能を観ようと、東京はじめ全国から多くの…

続きを読む

新天皇の即位礼と大嘗祭慶祝『雅楽の調べと特別煎茶会』無事終了しました。

11月24日に開催しました『雅楽の調べと特別煎茶会』無事終了しました。今回は、企画から準備、開催実施まで事実上一人でしたので、無事終了できたことが何より嬉しく感無量です。 事の起こりは9月23日、平城…

続きを読む

11月24日(日)『雅楽の調べと特別煎茶会』残席状況です。

大嘗祭に関する一連の行事が無事終わりました。この後、天皇皇后両陛下の伊勢神宮、神武天皇および前四代山稜へ奉告のため行幸啓されます。今月末には奈良県への行幸啓がございます。 さて、11月24日の新天皇の…

続きを読む
奈良 nara 三五夜 隠れ家 茶会 月釜 茶席 茶室 茶道 茶の湯 お茶 濃茶 薄茶 続き薄 お点前 炉 釜 茶 趣向 煎茶道  上生菓子 和菓子 干菓子 JR奈良駅 徒歩 2分 三網田 春日大社 春日若宮 春日若宮おん祭り 能 狂言 影向の松 舞楽 雅楽 祭礼 大和国 

三五夜の師走の月釜『奈良の師走に想いを込め』のお知らせ

いよいよ師走。三五夜の今年最後の月釜となります。奈良の冬の始まりの大きな神事として思い起こされるのは、毎年12月17日を中心に数日に渡って行われる春日若宮おん祭りが挙げられます。春日若宮おん祭りは11…

続きを読む
奈良 nara 三五夜 隠れ家 茶会 月釜 茶席 茶室 茶道 茶の湯 お茶 濃茶 薄茶 続き薄 お点前 高麗台子 三十六歌仙 京都 京都国立博物館 佐竹本 炉開き 炉 釜 茶の正月 口切りの茶事 趣向 煎茶道 柚子 上生菓子 和菓子 干菓子 お祝い 御祝 JR奈良駅 徒歩 2分 三網田

霜月の月釜『御祝いそして御祝いの炉開き』無事終了しました

 三五夜の11月の月釜『御祝いそして御祝いの炉開き』茶会無事に終わりました。今月も多くの方にご参加いただきありがとうございました。今回の趣向は炉開きという茶の湯の世界では大変重要な月である事、また今年…

続きを読む

11月10日『炉開き茶会』習礼

今日は11月の月釜『御祝いそしてお祝いの炉開き』の習礼を行いました。設え・お点前の確認から、今回はお菓子もいくつかの候補のうちから、奈良の老舗の銘店から正倉院展期間限定の花喰鳥紋薯蕷にと考えております…

続きを読む

月刊大和路『ならら』11月号の特集「大嘗祭と大和」

 月刊 大和路『ならら』の11月号は特集として「大嘗祭と大和」と題して、大嘗祭が飛鳥・白鳳時代、天武天皇の時に形式としてまとめられ今日に伝わる皇位継承にとって最重要な神事であることを分かりやすく解説し…

続きを読む
奈良 nara 三五夜 隠れ家 古民家 茶室 茶会 月釜 茶席 茶の湯 茶道 茶道教室 お茶会 お茶 抹茶 濃茶 薄茶 続き薄 和菓子 主菓子 干菓子 風炉 道安風炉 かき揚げ灰 炭 五徳 にじり口 表千家 千家 JR奈良駅 徒歩 2分 三網田

10月の月釜『名残りの風炉。秋の深まりに炭火の温もりを感じて』のご案内です。

10月は茶の湯では風炉も終わりの月となります。そこで神無月の三五夜の趣向茶会は『名残りの風炉。秋の深まりに火の温もりを感じて』と題して行います。秋も深まる頃、千家では風炉を中置とします。春から夏にかけ…

続きを読む
奈良 nara 隠れ家 三五夜 茶室 茶会 月釜 茶席 にじり口 香道 お香 沈香 伽羅 真南蛮 五味六国 聞香 香木 白檀 香道具 表千家 茶道 茶の湯 お茶 抹茶 濃茶 薄茶 続き薄 竹台子 香盆 月釜 JR奈良駅 徒歩 2分 三網田

【満員御礼】9月の月釜は三五夜一周年記念の『聞香茶会』です

(『聞香茶会』は好評につき両日とも満席となりました。只今、キャンセル待ちを受け付けております。)  今月の三五夜の月釜は、三五夜一周年の記念茶会です。昨年9月に好評でありました聞香付き茶会をバージョン…

続きを読む
奈良 mara 切り絵 切り絵作品 切り絵作家 石賀直之 ワークショップ イベント 夏休み 展示会 展覧会 隠れ家 三五夜 茶室 呈茶 薄茶 冷抹茶 おもてなし 干菓子 干菓子器 茶会 茶室 茶道 茶の湯 JR奈良 徒歩 2分 三網田 鷹 万葉あーと展 

【満員御礼】石賀さんと楽しむ切り絵ワークショップ&お茶会

『石賀直之作品展in三五夜』の開催を記念して、石賀さんの切り絵ワークショップとお茶会を開催いたします。(満員御礼につきお申し込みは終了いたしました。有難うございました) 当日は石賀さんから渡されたデザ…

続きを読む